読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅き水月と白き睡蓮

水希の日記帳。

【デザインの勉強】おまけのチップス&トリック、日本語によるデザインサンプル

おまけのチップス&トリックでは、名刺やチラシなどのデザインで何を重視するかが書かれている。

 

名刺であれば、絶対に必要なもの以外は取り除く。

縦長にするか横長にするかを載せる情報に合わせて考える。

活字のポイントを大きすぎないようにする。

 

チラシであれば、焦点を作る。

大きくて強いものを1つ配置し、読者の目を引き付けられれば、残りの文章も読んでくれる。

小見出しでコントラストを付ける、反復の効果を出すことを検討する。

 

パンフレットであれば、作品に一体感を与える。

類似の項目を近づけてグループ化する。

改行2回ではない、段落間の空きを作る方法を身に着ける。

 

ハガキであれば、関心をつかめ。

明るい色を大胆に使う。はっきりさせるような画像を使う。

コントラストが一番効果的で、空白もコントラストを生み出すことを忘れない。

 

広告であれば、詰め込み過ぎないこと。

空白を利用して読者の目を引き付ける。

印刷の事も考えて、書体を選択する。白抜き文字を避けるのが一般的だが、使うならしっかりとした書体を使う。

 

そして、どんなモノでも整列は重要であり、プロの仕事という全体的な見栄えには欠かせない。

 

どんな媒体でもデザインの4つの原則が適用され、重要である。

 

日本語によるデザインサンプルでは、良い例と悪い例を比較して解説している。

 

日本語であっても、デザインの4つの原則は適用される。

日本語は縦に読むことも出来る言語であるため、アルファベットよりも少し広めの行間にしてあげると読みやすさが向上する。

 

媒体によって重視するものが変わる為、デザインの在り方も大きく変わる。

しかし、それでもデザインの4つの原則は適用され、特に整列はよいデザインの為には欠かせない。

 

日本語は縦に読むことも出来る言語の為、デザインの良し悪しにも大きく影響し、フォント自体の作られ方にも影響している。

日本語を使うときは、アルファベットよりも行間を広く設定してあげると読みやすくなる。

日本語とアルファベットの違いを意識しつつ、行間のデザインに気を配ってみる必要がある。

 

次からは活字について。